フレッシュマスターのご紹介!

00556931-01

 

魚や肉の変色や素材の鮮度を気にされているお店は多いと思います。

今回は、冷蔵保存・仕込み・自然解凍に使用し、食材の鮮度と旨味をしっかりキープすると評判の保鮮シートをご紹介します!

その商品は、「フレッシュマスタ―」!!

 

1,マグロ柵の寝かし保存

34

バットにクッキングペーパー、その上にフレッシュマスタ―を敷き、マグロの上に濡れた晒しを被せて蓋をして保存。変色がなく、発色もよくみずみずしさを保てます。

 

2,牛生レバー塊の保存

5

レバーの塊をフレッシュマスタで包んで、たっぱに入れて蓋をして、冷蔵保存。一週間経ってもトリムロスがほとんど発生しません。

 

3,ヒレ肉の保存

67

ヒレ肉の塊をフレッシュマスターで包んで、タッパーに入れ冷蔵保存。

 

4,蕎麦の保存

89

タッパだけですと、気温・湿度の変化で、そばがパサパサしたりベトベトニなりますが、フレッシュマスターを使用すると湿潤調整ができ、そばの品質が安定します。

 

5,カットした肉の仕込み保存

1011

フレッシュマスタ―を敷いて保存すると、赤身が赤く発色して美味しそうに見えます。

 

6,熟成10日目の牛フィレ肉の塊

1213

肉の塊をフレッシュマスターで巻いて、一ヶ月熟成すると、色目のキレイな柔らかな熟成肉ができあがります。

 

特に素材と味に拘られている飲食店の皆様、是非お試しください!!

※上記の事例は、結果を保証するものではありません。ご使用になる食材のコンディションや保存条件などにより、鮮度保持効果に違いが生じますので、ご注意ください。

 

ご注文はこちらからどうぞ~♪