ログイン

FAX注文書ダウンロード

食品容器
食品消耗資材
衛生
厨房
ユニフォーム
店舗備品
販促用品
初めての方へ
お支払方法
発送や送料について
返品・交換について
特定商取引法について
よくある質問
お客様の声

facebook

出荷日カレンダー

2015年 9月

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

2015年 10月

123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


荷物お問い合わせ


PR


クロネコwebコレクト

クリックして企業プロファイルを表示 SSLとは?

弁当をおいしく見せる詰め方

自宅で作る弁当でも、販売されている弁当でも、見た目などの彩りが食欲を掻き立てるはずです。味や値段が同じなら、彩りよく詰められた弁当を多くの人が購入するでしょう。おかずの数が多いのでどのようにして詰めようか悩まれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。こちらでは、弁当をおいしく見せる詰め方をご紹介いたします。

冷まして水気をとる

弁当を詰める際の基本ではありますが、おかずを詰める際は必ず具材を冷まして、水気をとってから詰めるようにしましょう。熱をおびたまま詰めてしまうと弁当容器の中で蒸気がこもり、細菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。また、水気をとっておくことで見た目を良くすることができますし、食中毒対策にもなります。キッチンペーパーを敷いておかずを置いておくと冷ましながら水気をとることができるのでおすすめです。

大きく形が崩れにくいおかずから詰める

ご飯を詰めたらハンバーグや唐揚げなど、おかずのメインで形の崩れにくいおかずを先に弁当容器に詰めましょう。おかずの型崩れや味移りが気になる場合は、レタスなどの葉野菜を敷いて仕切りを作れば防ぐことができます。またご飯を詰める際は、少し斜めに詰めるとおかずが引き立つのでおすすめです。

隙間を作らない

大きく崩れにくいおかずを詰めて、次に大きくて柔らかいおかずを詰め、小さいおかずを詰めていきます。この順番を守れば隙間を作らずおかずを詰めることができます。弁当に隙間ができると、おかずが弱々しくなって見た目が悪くなることはもちろん、せっかく綺麗に詰めたおかずが移動中に動いて滅茶苦茶になる恐れがあります。順番を守って詰めても隙間ができる場合は、プチトマトやパセリを使うと彩りがよくなり華やかさが増すのでおすすめです。

容器スタイルでは、業務用の食品消耗資材使い捨ての弁当容器を通販にて取り扱っております。料理の内容に合わせた弁当容器を数多く取り扱っておりますので、簡単にお弁当を綺麗に詰めることが可能です。お急ぎでご注文の方は、即日発送の商品もご用意しております。弁当容器をお探しの方は、ぜひ容器スタイルをご利用ください。